助成金の活用で賢いリフォームを!

      このエントリーをはてなブックマークに追加

リフォームの種類

一口にリフォームと言っても、自分で行うことができるような簡易なものから、家全体を増改築するような大掛かりなものまで様々です。

リフォームを行う理由はいろいろあって、大きく分ければ家の老朽化により必要になるリフォームと、住まいに対する不満によるリフォームと、ライフステージの変化によるリフォームがあります。


家の老朽化に関しては、床がきしむ、浴室やキッチンや洗面所などの水廻りから水漏れがする、設備機器が耐用年数を超えている、雨漏りがするなど、目に見えて修理や補修や交換が必要なものや、外壁塗装屋屋根塗装など、必ず定期的に行わなければいけないメンテナンスに伴うものがあります。

住宅というものはどうしても年月が経てば老朽化してしまうもので、定期点検とメンテナンスが必要になり、そのまま放っておくと、最悪シロアリ被害などにより躯体が腐って住むことができない状態になってしまう危険性もあります。

住まいに対する不満によるリフォームは、新築した時にはこれでいいと思っていても、思っていたよりも収納スペースが足りないとか、家全体や部屋が暗いとか、動線に不満があるとか、お風呂が狭くてくつろげないなどのいろいろな不満によるもので、もちろん我慢できないわけではありませんが、金銭的に余裕があれば、多くの人が不満を理由にリフォームを実行しています。

そしてライフステージの変化によるリフォームとは、予定していたよりも子供がたくさん生まれて部屋数が足りなくなったとか、急に親と同居しなければいけなくなったとか、同居している親の介護が必要になって、バリアフリー化が必要になったなど、人生長く生きていくうちに当然いろいろな生活の変化が生まれることになります。


バリアフリー化にも対応の老舗リフォーム専門店:千葉・柏市のリフォーム「ドリームリビング」


リフォームの種類は全面リフォームと、内装リフォームと、外回りのリフォームと水廻りのリフォームがあり、全面リフォームは家を丸ごとリフォームしたり、間取りの変更がこれに当てはまります。

内装リフォームはクロスの借り換えや床の張替などになり、最近では自然素材を取り入れるリフォームに注目が集まっています。

外回りのリフォームは外壁や屋根やガーデニングや外構工事のことで、水廻りのリフォームは、システムキッチンやユニットバスや洗面所やトイレなどの設備機器の交換や、給湯機器などの入れ替えなどが含まれます。

記事リスト

高層住宅のリフォームの注意点 高層住宅と言えば何と言っても高層階から見える夜景や景色が最大の魅力で、東京などの都会には、タワーマンションなどが数多く建設されています。

タワーマンションは、地域にもよりますがそれなりの値段となり、特に高層階になればなるほど購入価格は高くなってしまいます。

このように新築や新しい高層住宅を購入する時にはかなりの負担がかかるため、最近では中古の高層住宅を購入してそれをリフォームする人も多くなっていますが、中古の高層住宅を購入する場合は、注意しなければいけないこともいろいろあります。 詳細はこちら

リフォームの助成金制度について リフォーム工事を行う時には、その工事内容などによって助成金を受けられる場合もあります。

バリアフリー性能や省エネ性能耐や耐震性能の向上などのリフォームについては、各自治体や国からいろいろな補助を受けられる可能性が高くなります。

さらにその他のリフォームについても、支援策を設けている自治体もあります。

またバリアフリーリフォームを行う場合には、要介護と認定された家族がいれば、介護保険制度が適用になり、20万円までの工事に対しては、9割の補助金をもらえることになります。 詳細はこちら

外壁と屋根のリフォームについて マイホームを建てることを夢見て、それを実現している人はたくさんいますが、せっかくマイホームを建てても、建てたままの状態で点検やメンテナンスを怠れば、家が腐ってしまうかもしれません。

また天災などにより、家が崩壊してしまうこともあるので、点検やメンテナンスの他にも、火災保険や地震保険などの保険にはしっかり加入しておくことをおすすめします。 詳細はこちら

採光を工夫した窓リフォーム 住宅をリフォームするにはいろいろな理由があると思いますが、その中には家の中が暗くてリフォームに踏み切ったという人も多いようです。

家の中を明るくしようと思えば、窓から今以上の光を取り入れればいいと単純に考えることだと思いますが、単に窓を大きくしたり、窓の数を増やしても、思ったよりも採光がとれないこともあるので注意が必要です。 詳細はこちら

太陽光システムの後付けと助成金 最近では自宅に太陽光システムを取り付ける人が多くなっていますが、太陽光システムを導入する場合は、住宅を新築する時に取り付ける方法と、既存の屋根に後付けで取り付ける方法があります。

新築時に太陽光システムを取り付ける場合は、あらかじめ配線や屋根の形状などをシステムに合わせて設計することができますが、後付けする場合はそうはいきません。

しかし太陽光システムを後付けする場合は、国から助成金などが受けられるなどの多くのメリットがあります。 詳細はこちら

ハウスメーカーとリフォーム専門会社のメリットとデメリット 家族が増えて家が狭くなった、もう1部屋増やしたいなど、家のリフォームを考えている人も多いと思いますが、リフォームを行う時にはどこに頼めばいいのか悩んでいる人も少なくはないと思います。

リフォーム工事を依頼する業者と言えば、実際に家を建ててもらったハウスメーカーやリフォーム専門会社などを真っ先に思い浮かぶことだと思いますが、両者とも大手になるとどうしても工事費用が高くなる傾向にあります。 詳細はこちら

NEW TOPICS

< <
15.09.27 ハウスメーカーとリフォーム専門会社のメリットとデメリットを更新しました。
15.09.24 太陽光システムの後付けと助成金を更新しました。
15.09.19 外壁と屋根のリフォームについてを更新しました。
15.09.15 高層住宅のリフォームの注意点を更新しました。
15.09.10 採光を工夫した窓リフォームを更新しました。
15.09.05 リフォームの助成金制度についてを更新しました。
15.08.23 リフォームの種類を更新しました。